高地の秋その1

  05, 2015 16:55
ほんの少し前、9月シルバーウィーク後半の事。
写真を整理するのに時間がかかってしまった。。。怠けてただけだが・・・( ̄^ ̄)ゞ

早秋を求めて立山の草紅葉を見に行った。
当初は夫婦揃ってのつもりだったが、途中から娘も一緒に行きたいとの事で予約変更を済ませたが、カミさんの仕事の都合でいけなくなり、結局娘との二人旅。

22日の朝、歳のため朝早く目覚めたが、昨日の「塩求めに」が効いていたのかゆっくりと過ごす。
カミさんが、「早くでないと混むよ」との忠告に8時過ぎに出発。

今日も良い天気、9時半頃に立山駅に到着。。。。。。
・・・・・しかし・・・・・・・・・
駐車場は河川敷の臨時駐車場も満杯
交通整理の人は、「ケーブルカーの待ち時間は3時間ほど」と言う。
臨時の臨時駐車場としてライチョウバレースキー場方面の駐車場を案内された。
なっ何と遠い・・・。そこからマイクロバスで送迎してくれるらしいが・・・。
娘に先に乗車券を買いに行かせ、立山カルデラ白岩から流れる常願寺川の橋を渡る。
だが、貰った道案内の紙には22日のみの臨時駐車場と記載されていた。
次の日、開いてない等変な事にならないよう途中の空き路肩スペースに車を止め徒歩で駅へ向かう。

20150922aki01s.jpg
途中写真を撮りながら。荷物を最小限にするため重い三脚は車に残して・・・。
富山地方鉄道の10030形"ダブルデッカーエキスプレス"が鉄橋を渡っていく。昔は京阪特急として活躍した車両だ。

先ほどの駐車場案内の場所まで戻ると、交通整理の人が上司から叱られていた。
「今日、泊まりの人もいるやろ。今日だけの駐車場に案内してどうすんが~。」と・・・・・やはり・・・・・。

20150922aki02s.jpg
この写真は、国土交通省北陸地方整備局立山砂防事務所の立山カルデラ行きトロッコ。
このトロッコは、一般には開放されていない。立山カルデラ自体、通常は立ち入り禁止区域だ。
年間に数回は見学会で乗る事が可能な様だが・・・。
よく脱線するらしく、作用員等が降りて直し登っていくと聞いた事がある。

駅に着くと人がいっぱい・・・・・、これでも空いたようだ、今ケーブルカーが上がっていったばかりだし・・・。
20150922aki03s.jpg
私たちの乗れる時間は12時20分・・・・・これから約2時間半の待ち時間。
カミさんに電話すると・・・「だから言ったねか~」と・・・・・私が悪うございましたヘッヘェ~

待合所や外の広場は、待っている人達がいっぱい。
多国語(中国語等)が飛び交っている・・・。
待っていると富山地方鉄道の16010形"アルプスエキスプレス"が入ってくる。
20150922aki04s.jpg
レッドアローの愛称で親しまれた、元西武鉄道5000形だ。
映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」で少しは有名になったかな。

時間を潰すのが大変。
二人で少々早い昼食を取り、やっとの事でケーブルカーに乗車。
20150922aki05s.jpg

美女平駅に着き、すぐ高原バスに乗り換え。最近の高原バスはハイブリッドが当たり前になりつつある。
猿が道ばたで寝転んで蚤取りをしている。全くバスを怖がらない。バスの方が待機・迂回する始末。
20150922aki06s.jpg

途中の称名滝、車中より。
20150922aki07s.jpg

午後1時半頃に室堂到着。
車中で写真を撮りまくったが、ガラス越しのため全くと言って良いほど使い物にならず。
20150922aki08s.jpg
20150922aki09s.jpg
下界と違い秋真っ盛りの風景。
この日は、アルペンルートで黒四ダムまで行くと、景色は良いが、ロープウェイの待ち合わせが更に3時間ほどかかったようだ。

ここから天狗平の宿まで散策。
まずは室堂山荘まで
20150922aki10s.jpg
少々雄山の上は雲がかかっているが、山肌はすっかり秋色。
20150922aki11s.jpg

そしてミドリガ池、これは立山火山の火口湖。
20150922aki12s.jpg

地獄谷は、火山活動活発化で現在立ち入り禁止。
最近の調査で、極小規模の火口らしきものが発見されたとの事。大丈夫か?
20150922aki13s.jpg
大昔?この写真の左方向に「雄山山荘」があったと思う。地獄谷も大きくなった気がする。いつ頃無くなったのだろう。

次はミクリガ池、ここも立山火山の火口湖。
雲が晴れた機会に良いショットと待っていたが、益々下から雲が湧いてきて断念。
20150922aki14s.jpg

ターミナル近くまで戻り、天狗平方面の散策道に入る。
途中、地獄谷へのルートがあるが、閉鎖中。
20150922aki15s.jpg

その時、一瞬雄山の雲が切れたのでショット。
20150922aki16s.jpg
ターミナル越に望遠を用いて。

とにかく秋を感じさせる風景を手当たり次第。
20150922aki17s.jpg
20150922aki18s.jpg
20150922aki19s.jpg
歩き始めて2時間、ゆっくり歩いていたのだが、今夜の宿が見え始めた。

この付近の草紅葉は見事になっていた。
20150922aki20s.jpg

午後4時半頃、宿に到着。
雲海の夕日を期待していたが、徐々に下から雲がわき上がってきた。
20150922aki21s.jpg

夕方6時過ぎまで宿前で粘ってみたが雲は切れず。
全くの期待はずれ・・・・・前回来たのは7年ほど前の夏だったか、見事な夕日と星空が拝めたのだが・・・。
20150922aki22s.jpg
ガスの中を降りていくバスと雲の薄い所の夕日差し込み。三脚を持ってこなかったのが悔やまれる。

8時頃、夜空はどうかと表に出てみたが、案の定ダメ。
富山大学の天文学部?が天体望遠鏡で月等の解説をしていたが・・・。
だが、少々ガスっぽいが下界の光が見えていた。
20150922aki23s.jpg

夕食は、シロエビの素揚げが出てきた。
普通、私たちが食べる半分以下?と思える小ささ。こんなの食べていたら直ぐに絶滅してしまう。

高地の秋を求めた1日目が終わる。
飲み仲間もいないため静かに就寝。
夜中、娘から鼾の苦情が来た。
スポンサーサイト

4 Comments

Mon
2015.10.05
21:40

Punchパパ  

NoTitle

国交省立山砂防事務所のトロッコ運行管理事務所のデカイ看板は僕が書いた字を拡大コピーして彫ってあるんですよ。
なので僕の書です。 ちなみに隷書体です。

それにしてもさすがはSW、スゲー人出ですね。
45年ほど昔、父に連れられて行ったのが最後です。

寒かったでしょ?v-410

2015/10/05 (Mon) 21:40 | REPLY |   
Mon
2015.10.05
22:13

ゆそ  

NoTitle

Punchパパ さん、毎度どうもv-290

>僕が書いた字

とは、書ですか、すごい特技がありますね。
私は、小学校の時にほんの数か月だけ習いやめてしまいました。
今になり、続けていればと悔やんでます。
字が綺麗な事は良いですね、だから私はパソコン文字ばかりですv-292

立山は数える位ですが、好きな場所です。
小学校の時・・・四十数年前か・・・がっこうの行事として登山したのが始まり。
娘と息子の立山登山のPTA付き添い。
家族で2~3度程。全て雄山まで登ってませんが・・・。

寒さは夜が応えましたね。昼間は動いていたので半袖でOKでした。
部屋の中は暑いくらいに暖房が効いていましたが、夜の」外は厚手の上着がないと長く居られませんでした。

2015/10/05 (Mon) 22:13 | REPLY |   
Tue
2015.10.06
13:19

Punchパパ  

NoTitle

ハッキリと覚えていないんですけど、「立山砂防専用軌道運行管理所」だったと思いますが、
長い名前のトロッコの倉庫があるらしいんですよ。
そこに掛ける看板の題字を書いてくれと頼まれたので、長い紙に隷書体で書いたんです。
それを欅の一枚板に写して、凸彫りしてあったんです。

まぁ国交省がまだ建設省だったころの話なので、今その看板はどうなっているか知りません。
立山駅横の立山砂防工事事務所の脇を奥に進むとその建屋はありす。

僕は昔北陸書道院で書を習ってて、一応師範免許持ってるんですよね~(^^;;
そして弟2人が国交省の一種国家公務員の技官です。

そういう縁で・・・  30年近く昔の話ですけど・・・

2015/10/06 (Tue) 13:19 | REPLY |   
Wed
2015.10.07
13:54

ゆそ  

NoTitle

Punchパパ さん、
すごい免許を持ってますね~。尊敬ものです。
やはりただの人ではなかったか・・・。

弟さんも国家公務員・・・・・・・私は毎度、その様な人に頭を下げてます・・・・・v-292

2015/10/07 (Wed) 13:54 | REPLY |   

Post a comment

What's New