高地の秋 その2

  06, 2015 14:48
翌日も良い天気。
朝6時半頃にカメラを持って外へ出る。
夜中の1時頃にカミさんからLINEが入っていた。「星空が見えるよ」と・・・・・。その時間は熟睡中。

宿前で若干朝日を浴びた雲海風景を撮る。
20150923aki01s.jpg

昨晩の宿の話だと朝日が見え始めるのは7時過ぎだとの事。
前日歩いてきた散策道を少し戻って待機。
朝は相当冷え込んでいる。厚手のアウターを着ていなければ我慢できないと思う。
先客が数名。
足下の草紅葉は霜が降りていて凍えている。
20150923aki02s.jpg

7時10分前だったろうか、立山から朝日が見え始めた。
20150923aki03s.jpg
丁度、「大汝山」当たりから・・・。
左の突起している所から「富士の折立」「大汝山」「雄山」を総して「立山」と呼んでいる。
「富士の折立」2999m剣岳と同標高、「大汝山」3015m、「雄山」2992m
普段登っている雄山は立山の頂上ではない。
下から見上げていると、突起している雄山や富士の折立が高いように見えるが・・・・・。

8時頃からのバイキング朝食を終え、9時過ぎに宿を出る。
今日は、少し標高が下の「弥陀ヶ原」散策、「ガキ田」だ。
数回、立山室堂付近まで登っているが初めての場所。
一度、称名滝から雄山まで徒歩だけで登ってみたいものだが、その前に体力を付けないと無理だな。

高原バスにて弥陀ヶ原ホテル前で下車。
弥陀ヶ原の散策道に入る前に、もう1箇所立ち寄り。
立山カルデラ展望台へ・・・。
そこ立山カルデラは今、息子の仕事場所。
立山荘の横から草木茂る山道に入る。誰一人来る人はいない。
20150923aki05s.jpg
娘は、こんな茂みは大嫌い。特に蜘蛛が駄目、熊より蜘蛛が怖いと言う始末。
そう言えば「熊避け鈴」を携帯してくるのを忘れた。
この時期、熊は餌を求めて低い所へ移動していると思うか・・・。
イレギュラーもあるかとちょっとヒヤヒヤ。

結構登って展望台に着く。
ここにも誰一人いなく、すれ違う人もいなかった。
息子の仕事場を望遠を効かせ撮る。
20150923aki04s.jpg
娘もスマホのカメラで撮り、直ぐ様、弟にLINEで送る。
後に自分の背景に写っている写真を送れば良かったと悔やんでいた。

写真を撮った事に対して義務を果たした感じで来た道を戻る。
途中、初めて人とすれ違う。
「展望台までは未だありますか?」と年配の男性一人。こんな寂しい場所に一人でなんて思いながら「直ぐそこですよ」と答え分かれる。

元の位置に戻ってきたら娘のLINEに息子から返事が来ていた。
「作業機械の横にいるけど見える?」と・・・・
直ぐに返信したのかもしれないが、電波の状態が山陰で悪かった。
娘が「見える訳ないねか。仕事中にLINE使えるなんて、本当に仕事しとんが」と・・・。
「私は遊びで上から覗き、弟は下で仕事」とルンルン気分で言っていた。

そして今目的の弥陀ヶ原散策。
高原バスの予約時間があるので全散策道を歩く事が出来なかった。
とにかくラムサール条約保護地境界付近まで・・・。
20150923aki06s.jpg
草紅葉は見事。
20150923aki07s.jpg
ガキ田の水面に映る空の青さ。
20150923aki08s.jpg
少々山には雲がかかっているが、気分を整えるには絶好のビュー。
20150923aki08sa.jpg

お昼頃、山を下り立山駅へ。
20150923aki09s.jpg

当初この後、称名滝までと思っていたが、昨日から娘がスマホを替えたいとの希望。
そして今日は海老江曳山まつり。

称名滝は断念して帰る事に。
熊・猿に襲われていないか・・・恐る恐る車を止めた場所へ・・・。
運良く無傷、車に乗り込み射水市の携帯ショップへ直行。

娘は最新式の日本製スマホに交換。
家に辿り着いたのは午後4時をまわっていたか・・・。

これから海老江に行っても提灯山付け替えの時間と重なる。
少々休憩し、夕方海老江へ。
20150923aki10s.jpg
丁度提灯山が始まった所か。
今まで見ていて東町の中山が一番統率されている気がする。
20150923aki11s.jpg
海老江の知人に挨拶し、曳山についてまわる。
中町は3町内で最も小さな町。法被に帯び閉めが粋だ。女性が曳き子に加わっているのも特徴。
20150923aki12s.jpg
西町の曳山は、豪華絢爛とからくり人形。
映画「人生の約束」で西町法被・幟旗や人材で協力していた。

しかし、この数日の疲れか・・・。見てまわる気力が出てこない。
最後の交差点3基揃いの前に帰ってきてしまった。

これで私のシルバーウィークは終わった。
リフレッシュには良かったのだが・・・・・翌日からの仕事が辛かった。
とにかく筋肉痛で・・・・それより気力か?
スポンサーサイト

9 Comments

Tue
2015.10.06
17:01

Punchパパ  

NoTitle

立山カルデラって水谷平ですよね?立山砂防工事現場。
確か一番大手は松島建設だったはずですですけど。

ここへは2回行きました。(1泊2日で釣りに・・・)
湯川にも真川にも岩魚がウジョウジョ。
泥鰌池には巨大ニジマスが居ましたよ。

有峰湖の折立からデリカで30分程走ったかなり奥まった場所ですね。
泥鰌池までは水谷平からさらに20分程奥でした。
立山トンネルって長いトンネルの先ですよ。

でも一般車が入らない道ですけど、道路は良く整備されてて広かったです。

夜入った天涯の湯が素晴らしかったです。

今ではとても厳しくなってて、こんな風に通行許可証発行してくれないらしいです。

2015/10/06 (Tue) 17:01 | REPLY |   
Wed
2015.10.07
14:25

ゆそ  

NoTitle

Punchパパさん、
そうです、水谷平です。

明治以降砂防工事が始まり、毎年改良されています。
今後も仕事は無くならないと言われてます。

私も日帰りの仕事(確か亀谷温泉宿泊だったような)で2~3度入ってますが、怖い所です。特に白岩砂防ダムは・・・・・。
仕事のため、景色はゆっくり観賞した記憶がありません。
実際は自然豊かな所なのでしょうが・・・。行ってみたい・・・。

私が行ったのは20年も前になるでしょうか、立山トンネルの記憶はありません。
後に同社の者が行く時、図面でトンネルの計画?か、その後の工事用道路の計画?完成?で知りました。

普通は通行証が無いと入れない区域で、個人的に行きたいと思っても入れませんでした。
良い経験をされましたね。

天涯の湯とは、白岩ダム近くの河川敷にある露天湯ですね。
時々、猿が入っていたと聞いた事があります。昔は小さい掘っ建て小屋?だったような・・・。
息子は・・・暗くて・・・虫がいっぱいで・・・と言っておりました。
また、これよりもっと奥に立山温泉跡がありますね。そのまた奥に(もう登山の状態)源泉もあるそうで。
秘湯中の秘湯ですね。

2015/10/07 (Wed) 14:25 | REPLY |   
Thu
2015.10.08
04:20

Punchパパ  

NoTitle

立山温泉の跡地は、水谷平から泥鰌池に向かう途中にあって、基礎と湯船が残ってて、湯船には今でも温泉が入ってましたよ。

そして私が行った前の年、泥鰌池に繋がる吊り橋が出来て、その橋の下あたりに立山温泉の源泉がありました。
一般人と言うか、一般車の進入が禁止されてて、徒歩だとOKです。
それから水谷平や立山温泉、及びその源泉には今でも民間人の地権者がいます。

天涯の湯は綺麗でよく整備されてて、国交省が建てた脱衣所もあります。
湯自体は完全露天で、満天の星が最高でした。
ちなみに先出の松島建設の社員が当番制で湯の掃除をしています。
(社長の超お気に入りの湯だそうで…)

水谷平から常願寺川の分岐点までの下り、インクラインの横の階段が帰りに地獄でしたよ…

2015/10/08 (Thu) 04:20 | REPLY |   
Thu
2015.10.08
09:38

ゆそ  

NoTitle

Punchパパさん、
常願寺川の分岐点とは、真川と湯川の分岐の事ですか?それとも立山駅まで歩かれたとか・・・。
インクラインの階段は地獄の特訓をするには最適の施設ですね。
あの階段は、3回以上は休まないと上れませんv-404
仕事で上って、もうコリゴリと思いましたが、いまだに体力増進にはあそこしかないと思い出します。

一度、あのインクラインに大型ダンプが乗って昇降するのが見てみたい。

このブログを書いていて、ネットで検索してみると結構、徒歩や春山スキーを兼ねた方々が個人的に入っておられるようですね。

2015/10/08 (Thu) 09:38 | REPLY |   
Thu
2015.10.08
23:03

Punchパパ  

NoTitle

そうです、真川と湯川の分岐点です。
天涯の湯って少し高台にあるじゃないですか。
その奥にテント張って1泊したんです。(1回目行った時は)
そして初日の釣りは分岐点まで下って、そこから釣り上がりでした。
元気な時に下って、帰りの疲れた時に階段登りと言う地獄でした。
当時36歳だったから18年前のことです。

泥鰌池行ったのはその翌年。
タバコ止めて1年過ぎてましたから、前年よりは少しマシでした。(^^

2015/10/08 (Thu) 23:03 | REPLY |   
Fri
2015.10.09
14:09

ゆそ  

NoTitle

Punchパパさん、
疲れた帰りの上りは辛いですよね。

私も測量で上から下へ降り、帰りの階段でした。
その後、温泉で癒したら回復も早かったのでしょうが・・・・・。
私も30代後半か40代に入った頃でした。

タバコは未だに止められません。家族の非難がすごいです。

2015/10/09 (Fri) 14:09 | REPLY |   
Fri
2015.10.09
14:12

ゆそ  

NoTitle

訂正
既に40代になってましたな。

2015/10/09 (Fri) 14:12 | REPLY |   
Sat
2015.10.10
09:08

そね  

NoTitle

海老江の山まで、好きですな~
仕事してましたY
その週の土日、まっつりも仕事してました。その内逝っちゃいますな~

2015/10/10 (Sat) 09:08 | REPLY |   
Sat
2015.10.10
12:15

ゆそ  

NoTitle

そね氏、お疲れ様

忙しそうですね~。
「海の・・・・・」関係ですか?
私だったらとっくの昔に逝っちゃってますね~v-12
まつりは最近惰性になってます。

2015/10/10 (Sat) 12:15 | REPLY |   

Post a comment

What's New